主要通貨に対しドル上昇

  • 2019年5月15日

$50ボーナスキャンペーン実施中!LINE登録してボーナスをゲットしよう!


USD/JPY

 

ドル円は109.78円のサポートレベルにトライ中。次の売りの目標は108.78円のレベルとなるが、再びサポートレベルにトライしに買いが回復。MACDは弱気相場でポジションを拡大し、RSIは30%のサポートレベルを上抜けした。

 

 

 

 

EUR/USD

 

ユーロドルは1.119ドルのサポートレベルをブレイクし、先日の取引で売り圧力が上昇した。同ペアがサポートレベルをブレイクする前に、再び買いが回復している可能性がある。MACDは反転上昇を描き、RSIは弱気相場で横ばい。

 

 

 

 
 GBP/USD

 

GBP/USDは1.297ドルを再びブレイクし、現在は前回反発を見せた1.289ドルにトライ中。モメンタム指標は弱気相場で拡大し、RSIは30%のサポートレベルに接近。

 

 

USD/CHF

 

ドル・スイスフランは売りが圧力をかけ始めている。同ペアはより弱気センチメントとなり1.010をブレイクした。しかし、そのブレイク以降、買いが1.010スイスフランのレベルまで再び価格推移させるために回復している。モメンタム指標はより弱気となっており、MACDは0ラインに接近、RSIは売られ過ぎの状態に接近。

 

 

 

USD/CAD

 

米ドル/加ドルは1.345カナダドルのレベルで停滞し、このレジスタンスレベルをブレイクする為の買い意欲は低下している。1.335と1.345カナダドルの取引レンジに留まる模様。モメンタム指標はより弱気となる可能性がある。

 

 

 


 

銀は引き続き14.76ドルのサポートレベルにトライ中で、売りはブレイクを維持できなかったが、長期モメンタムでは弱気。短期的にはレンジ相場14.76から15.23ドルで推移する見込み。モメンタム指標は弱気を維持し、売りが活発であることを示している。

 

 

 

 

 

 

金はキーサポートレベルとなる1279.66ドルをブレイクした。次の目標はレジスタンスレベルである1294.92ドル。揉み合いは下降傾向とは別の方向へ推移。モメンタム指標は強気センチメントをサポート、RSIは上昇軌道を維持し、MACDはゼロラインに接近。

 

 

 

原油

 

WTI原油は1バレル=$60のレンジにトライするために下落し、安定が予想される$61のレベルで横ばい。モメンタム指標は弱気センチメント。RSIは30%のサポートレベルより上で横ばい、MACDは0ラインをブレイク。

 

 

 

 


"

Anzo Capital Facebookページをフォロー:

Anzo Capital Twitterページをフォロー:

https://t.co/7tM7v7uAFU (Tutorial 1)https://t.co/TUsKroWBrl (Tutorial 2)

USD50のボーナスキャンペーンに登録して新年の取引を始めましょう! 期間限定!https://t.co/0nyxL1lpom

— Anzo Capital - Japan (@AnzoCapitaJP) March 7, 2019

"

サインアップして始める

流動性
プロバイダー
デモ口座
ライブ口座

Promotions